診療内容
space

しみ取り、肝班(かんぱん)のしみ治療に最も効果的なレーザートーニング治療が出来る最新マシン

リブライトレーザーとは?

リブライトレーザーは、最新のアメリカ製のQ-スイッチNd:ヤグレーザー機器で、大小のシミ取りの他に、肝班(かんぱん)のしみ治療生まれつきのアザや刺青・イレズミ・タトゥーの除去レーザーフェイシャルによる開いた毛穴やくすみの改善もでき、これまで治療、改善の難しかった肝班(かんぱん)の治療に最も適した最先端のレーザー機器です。

治療後は肌がつるつるになり、透明感のある肌へと導きます。

全てのスキンタイプに治療できる、安全性に非常に優れた最新型のレーザーです。

リブライトによる最先端しみ取り治療

肝班(かんぱん)のしみ治療

肝班のしみに最適なレーザー治療

しみにもいろいろ種類がありますが、肝班のしみは、、淡褐色のしみが対称的に現れるしみです。顔の両頬や額、鼻の下、下顎に左右対称に現れ、一般的に地図のようにぼんやりと見えたりします。

主に紫外線によるダメージによるもので、紫外線があたりやすい両頬に多く出ますが、ホルモンに関係しているとも言われます。

30代〜40代の女性に多く見られ、更年期、ピル服用中、妊娠中に現れることも多く、出産後も引き続き持続する場合もあります。

紫外線にあたると悪化するので、十分な日焼け止め対策が重要です。また、紫外線以外に、熱や刺激によっても悪化したり、季節や体調などでも変化し、濃くなったり、薄くなったりもします。

これまでレーザーの刺激によって悪化することもあり、レーザー治療が難しいということがありましたが、リブライトレーザーは、安全に肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを少しずつ壊していき、肝斑を治療できるので、特にアジア人、日本人の肌に適した 肝班のしみに最適なレーザー治療といえます。

老人性色素班のしみ治療

老人性色素班のしみ治療
老人性色素班のしみ治療

日光色素班とも言われ、若いころに受けた紫外線によるお肌のダメージが原因です。

若い頃は紫外線を浴びてもすぐにしみになることはありませんが、20代後半〜加齢とともに皮膚の老化によってメラニン色素が蓄積してしみとなります。

初めは薄いしみですが、加齢と共にさらに大きく、濃くなっていきます。小豆(あずき)のように濃くなる前に、レーザー治療で取るのがお勧めです。

リブライトの532nmの波長によるしみ取りなら、老人性色素班のしみも1-2回で取れます。

治療後は、カサブタ状になり約1週間程度で剥がれ落ちます。

このページのトップへ戻る

価格は予告なく変更することがあります。