Dr.Ching

Dr.Ching MSc, MD, FRCSC

ドクターチンは顔、体、各部位の美容整形を専門とする形成外科医です。ハワイ大学ジョン・エー・バーンズ医学学校の助教授でもあります。今までに、美容整形の特別研究特待生として、ニューヨーク、ジュネーブ、サンフランシスコ、トロント、バンクーバー、リオデジャネイロで最先端美容技術の研究を重ね、2004年にホノルルで開業しました。

ドクターチンは優秀な学業成績と研究によってGasper W, Anastasi Award、Regional Medical Associates Research Scholarなど数々の賞を獲得しています。

 
 


 

ドクターチンはボランティア活動にも積極的に参加し、アロハ メディカルミッション、インタープラスト アクティブ執刀医のボランティア (Aloha Medical Mission, Interplast, Active Surgeon Volunteer)に所属、年に数回のペースで貧しい国の人々の奇形修正手術をなどを行っています。
ドクターチンはハワイで唯一の顕微解剖医でもあり、細かな手術を得意としています。

 経 歴 Profile

2004年 - 現在
  Asia Pacific Plastic Surgery INC
アジア プラスティック サージェリー 院長

2003年卒業
Residency:
  McMaster University, Hamilton
ハミルトン マクマスター大学
Plastic surgery 形成外科

1998年卒業
MD: University of British Columbia, Vancouver
バンクーバー ブリティッシュ・コロンビア大学
Medical degree 医学部

1994年卒業
MSc: McGill University, Montreal
カナダ モントリオール マギル大学
Neurobiology 神経生物学

1991年卒業
BSc: McGill University, Montreal
カナダ モントリオール マギル大学
Biology 生物学

Awards:








Gaspar W. Anastasi Award, American Society for Aesthetic Plastic Surgery
Regional Medical Associates Research Scholar, McMaster University
The Margaret Isabel McKellar Memorial Prize, University of British Columbia
The Samuel Diamond Scholarship, University of British Columbia
The Douglas and Jean Bailey Scholarship, University of British Columbia

Professional affiliations:




International Society for Aesthetic Plastic Surgery, candidate member
Fellow of the Royal College of Surgeons of Canada in Plastic Surgery 
Honolulu Medical Association, member
   

 
Fellowships 研究特待生

Plastic Surgery Center of the Pacific, Honolulu
Fellow in cosmetic surgery, emphasis on cosmetic surgery of the Asian face and breast surgery

Clinica Ivo Pitanguy, Rio de JaneiroVisiting fellowship in cosmetic surgery

McMaster University, Hamilton
Microsurgical head and neck reconstruction



 
アメリカと日本の美容整形の違い

美容外科の最先端を行くアメリカの医療。「安全で上質な美容整形手術が受けられる。」そのような理由で渡米して手術を受ける日本人の方が増えています。アメリカでの美容外科医は、まず形成外科医として7〜10年の修行が必要となります。(日本にはそのような義務はありません)そしてさらに、超難関の専門試験をクリアして初めて、美容外科医としての施術を認めています。つまり、美容外科医になることは、医師の中でもかなりハイレベルとなります。
美容整形技術最先端のアメリカだからこそ出来る施術があります。例えばペインポンプ。ほとんど痛みを感じないように患部にダイレクトにつける痛み止めの器具です。