診療内容
胸

当院の豊胸手術の特徴

ドクターチンはワキの下からのインプラント挿入のアプローチを行うことができるバストのスペシャリストです。

インプラントを入れるのに充分な一般的な手探りで手術を行う直視下手術と異なり、最先端の内視鏡を使って丁寧に手術を行いますので、見えにくい場所も確実に内視鏡で見ながら進められます。

スペースの広さを最小限のダメージで作ることができ、結果として、術後の腫れや内出血、炎症や痛みを少なく、拘縮の予防、傷口を最小限することが出来るのです。

最先端の内視鏡下手術

ドクターチンは、最先端の内視鏡を使ってインプラントを挿入するスペース(ポケット)を作る数少ないドクターです。

脇の下にあるシワに沿って切開口を作り、内視鏡を挿入し、丁寧にインプラントを入れるスペース(ポケット)を作ります。

脇の下からの挿入は技術的に難しい方法ですが、内視鏡のカメラで実際に体の中を見ながら手術を行いますので、余分な神経や組織を傷つけることなく安全に手術を行えます。

内視鏡下手術のメリット

術後の痛みが少ない!

内視鏡下手術では、余分な筋肉組織を傷つけたりすることなく、丁寧にイン プラントを挿入するポケットを作成しますので、術後の痛みも少なく最小限にすることが出来るのです。

手術後の腫れ、内出血が少ない!

内視鏡のカメラで体の中をしっかり見ながら行う手術ですので、周囲の神経、血管にダメージを与えません。結果として、腫れ、内出血が抜群に少なくなります。

手術後の合併症のリスクが少ない!

当院の内視鏡下手術では、余計な出血やダメージを避けることが出来るため、手術後にインプラントが硬くなってしまうカプセル拘縮や感染症のリスクが軽減出来ます。

ワキの下からのアプローチ

手術後のワキの下の傷口は目立ちません脇の下のしわに沿って数センチを切開するだけですので、傷跡もほとんど目立ちません。

脇の下からの挿入は乳輪周囲の神経を切断したり、傷つけたりすることがないので、乳首・乳輪の感覚の麻痺や授乳への影響へのリスクを抑えることが出来ます。

特別な内視鏡使用により、この技術的に最も難しい挿入方法でも、スムーズに確実に手術が出来ます。また、手術は実際に内視鏡カメラで体の中見ながら手術を行いますので、余分な組織を傷つけたりしません。

出血も最小限に抑えられますので、術後の腫れや痛み、拘縮、合併症のリスクも抑えられます。当院の患者様のデータでは合併症の発生率が低く抑えられています。

授乳、乳輪の影響を最小限に!

ワキからの挿入より乳腺を傷つけたりしないので、授乳や乳輪への影響へのリスクを押さえることができます。

傷口が目立たない!

脇の下の既にあるシワに沿って挿入口を数センチ切開するだけですので、傷口もほとんど目立ちません。

医療用接着剤を切開口に使用し、傷口をキレイに!

医療用の接着剤を切開口に使用することにより、傷口の感染症を防ぎ、より術痕を目立たなくすることもできます。また、医療用接着剤を使用することによって、手術後24時間後から、シャワーを浴びることもできます。

溶ける糸で切開口を縫合。抜糸不要!

切開口は糸で縫合し、その上から医療用接着剤を使用しますので、傷の治りをキレイにし、体内で自然に後に解けるので、抜糸の必要もありません。

ケラーファンネル使用のメリット

最新手技・インプラント挿入器具を使用

〜ケラーファンネルを使用で、傷口を小さく、スムースに挿入可能!

当院ではシリコンインプラント挿入の際にはインプラントがスムーズに挿入しやすいように、ケラーファンネルと呼ばれる特殊な挿入器具(FDA承認済)を使用しています。

これにより、インプラント挿入の切開口を通常の挿入方法より小さく出来、傷口を小さく出来ます。

さらに傷口を小さく!

一般的にインプラント挿入器具を使用しない場合で、生理食塩水のインプラントを脇からの挿入する切開口は約.3.5cmで、シリコンの場合は約4.5cmですが、インプラント挿入器具を使用した場合は、シリコンインプラントでも切開口は、生理食塩水インプラントと同様の3.5cmで挿入することが出来るのです。

また、大きいサイズのシリコンバックもワキ下からの挿入が可能となりました。

感染症のリスク軽減

また、往来の通常のインプラント挿入方法は、手術執刀医がインプラントを手と指で体内に挿入しますので、インプラントが触れる事により感染症のリスクが生じますが、ケラーファンネルを使用すると、インプラントが手や指に触れられることなく、スムーズにポケットに挿入することが出来、感染症のリスクを最小限にします。

カプセル拘縮のリスク軽減

大きなサイズのインプラントも挿入可能

皮膚接触を回避する為、無菌状態でインプラントを正しい位置に挿入でき、患部組織のダメージを軽減することができます。

切開跡をキレイに

インプラント挿入時に外皮に触れないので、切開口のダメージを軽減します。

大きなサイズのインプラントも挿入可能

ケラーファンネル使用で、インプラントをスムースにスライドさせて挿入できるので、大きなサイズのシリコンインプラントでも脇下からのアプローチが可能です。

FDA承認済みで安全。一生涯保障付のインプラント

当院では米国FDA(食品医薬品局)の承認のインプラントを使用し、バックには万が一破れたりした場合のメーカーによる生涯保障が付いていますので、手術後も安心です。

また、当院は、アメリカにおいて一流豊胸バックメーカー「アラガン社」より優良認定を頂いております。アラガン社のコーヒーシブシリコンバックは年間8万人以上の女性に使用されていますので、安全性、機能性に優れたインプラントです。

FDA承認済みで安全。一生涯保障付のインプラント当院使用のコーヒーシブシリコンインプラントは、万が一破れても中のジェルが流れ出さない作りになっていますので安全です。

ドクターチンが患者様のご希望や体系等に応じて、ナチュラルで美しい仕上がりのバストラインになるように、いろいろなタイプのものから最も適したタイプのバックを御案内しております。

乳房再建−バスト形成のスペシャリスト

ドクターチンはアメリカ形成外科学会の専門認定医であり、乳癌で乳房を失くしてしまった方の乳房再建及び乳頭、乳輪の再建手術に加え、皮膚や組織などを移植する難しい手術もおこなっております。

乳房再建は、乳癌摘出手術と同時に切除された乳房を再建することもあります。多くの患者様が失われた乳房を取り戻し、笑顔を取り戻されています。

乳癌摘出手術と同時に切除された乳房を再建することもあります
お気軽にドクターチン、当院のスタッフにご相談下さい!お問い合わせフォーム
このページのトップへ戻る
価格は予告なく変更することがあります。