診療内容
胸

乳房のリフト手術/胸リフト

乳房固定術(mastopexy)とも呼ばれ、年齢や、妊娠による体の変化を経た胸の、外見を良くするための手術です。

皮膚のたるんでしまった胸やポジションが下がってしまった乳首を改善する為に、乳房のリフト手術がなされます。

人工乳腺パックを挿入するだけでも改善出来ますが、場合よっては胸の皮膚や組織を取り除く手術が必要な事もあります。

乳房のリフトと同時に乳輪の大きさ、乳首の大きさ、形も修正することが出来ます。

理想的には、乳房のリフトは単独でインプラントを使用して行われます。豊胸手術と同じ手術方で、単にインプラントを挿入するだけで、たるんだ皮膚や乳房組織と胸を持ち上げることができます。

どの手術方法にするかは、傷口の最小限の瘢痕を重視する、胸のリフトを重視する、バストサイズの増加を求めているか、単に胸を持ち上げるなどの患者様の希望を踏まえて決定します。ドクターチンが患者様のご希望を考慮し、最善の方法をご案内します。

ミニリフト

乳輪の上の皮膚を小さな三日月型に切除し、インプラントを挿入することで、最小限の傷痕で胸を持ち上げることが出来ます。

乳房のたるみが軽度の場合はインプラントを大胸筋膜下の位置に挿入します。

垂下の程度が重度の場合には、大胸筋肉の上にインプラントを挿入します。

乳房リフト

乳房の皮膚や乳房組織のたるみが重度の場合は、十分に胸を持ち上げるために皮膚や組織を除去します。

同時に乳房の上半分の乳房の膨らみを希望の場合は、インプラントを挿入することになります。

たるみの度合いにより、アンカーやロリーポップ型と呼ばれる切開法でリフトアップをします。

乳頭縮小 (乳頭肥大)

授乳後大きくなってしまた乳首や大きな乳首は、乳頭縮小術でご希望のサイズに縮小することができます。また形がくずれている場合も、きれいに整えることができます。

陥没乳頭

乳首が陥没している場合、外見上の問題だけでなく、授乳に影響が出る場合があります。乳輪部分を切開し、裏側から乳首を押し上げます。

バストの悩み、乳房のリフト手術は、高度な外科技術とセンスが要求されます。

形成外科学会専門認定医であり、最先端で高度な技術と経験、実績のあるドクターチンにぜひご相談下さい。

お気軽にドクターチン、当院のスタッフにご相談下さい!お問い合わせフォーム
このページのトップへ戻る
価格は予告なく変更することがあります。