診療内容
胸

豊胸手術方法

シリコンと生理食塩水の違い)

人工乳腺バックと脂肪注入法

豊胸手術には2通りの方法があり、ご自分の脂肪をお腹や太ももなどから脂肪吸引して、胸に脂肪注入するものと、人工乳腺バックを胸にいれるものがあります。

アメリカでは、人工乳腺バックを入れる方法が主流です。

人工乳腺バックの種類 

(シリコン vs 生理食塩水)

「人工乳腺パック」の外側はシリコンでできています。

その中には生理食塩水かシリコンが入っています。

Breast Implants外皮(シェル)構造にはツルツルとした表面のスムースタイプと、ザラザラした表面のテクスチャードタイプがあり、さらに、内容物、形状(アナトミカル型・ラウンド型)の違いで見ると数種類のバックがあり、ご希望のバストサイズによって大きさを調節できます。

シリコンジェルインプラント

シリコンジェルインプラントシリコンジェルインプラントは、全てにコヒーシブ(結合力があるという意味)ジェルを使用しており、より本物の胸に近い感触です。生理食塩水インプラントは、その名のとおり生理食塩水を使用しています。

どのインプラントを選ぶかは、ご本人の希望、バストの大きさや挿入口、費用などにより決めることが出来ます。

近年では安全性の高いコーヒーシブシリコンインプラントが主流となっています。

豊胸バックの挿入場所

一般的に痩せていてバスとの小さい方、皮膚の薄い型は、胸の筋肉の下(乳腺の下)に人工乳腺バック(インプラント)を挿入し(大胸筋下法)、ある程度バストにボリュームのある方、または、授乳後に胸がかなりしぼんで垂れてしまっているかたは、、胸の筋肉の上に抽入し(乳腺下法)、胸の形を整えます。

どちらが適しているかは、その方の状態により異なりますので、ドクターチンが診察して最も適した方法をご案内しています。

大胸筋下法

インプラントを大胸筋の下に入れることにより、大胸筋がインプラントをカバーしインプラントの境目が目立たないように、最もナチュラルな仕上がりにすることができます。

また、乳腺や乳輪、乳首の周りの神経を切断、傷つけたりしないので、感覚の麻痺や授乳への影響を抑えることができます。さらに、大胸筋の下に入れる方が、術後にインプラントが硬くなるカプセル拘縮のリスクを減らすことができます。

ドクターチンの繊細で高度な技術と芸術的センス、入念なカウンセリングにより最もナチュラルで美しいご希望のバストラインに仕上げます。

乳腺下法

産後の授乳により、胸がかなりしぼんで垂れてしまった方は、大胸筋の上に挿入する必要があります。

カウンセリング時にドクターチンが診察してアドバイスをいたします。

インプラント挿入口

インプラント挿入の切開口は、ワキの下を切開する方法と、乳輪周囲を切開する方法と、胸の下に隠れるようにできる乳房の下の切開方法があります。

見た目にも感触的にも自然なバストになるように、おひとり一人の状態を詳しく診察して、挿入位置を検討決定いたします。

脇からの挿入の場合、脇の下のしわに沿って数センチを切開するだけですので、傷跡もほとんど目立ちません。

お気軽にドクターチン、当院のスタッフにご相談下さい!お問い合わせフォーム
このページのトップへ戻る
価格は予告なく変更することがあります。